ピル飲んだらPMSはマシになるって思ってたけどやっぱりお母さんのこと思い出しちゃうな。
仕事中、ふとしたときに泣きわめきたくなる。なんでわたしのお母さんが死ななあかんかったんやとか、もっとお父さんとも仲いい家族のお母さんでよかったやんかとか、実家出て1人暮らししてるような人でよかったんちゃうかとか。わたしは父と仲良くなかった分、母に依存傾向にあったのかもしれません。わたしがど田舎に暮らしていたとしてもたぶん母と姉を置いて遠くの都会に出ることはなかったと思います。だからそれを簡単にやってのけてしまっていて、尚且つ両親が健在の同年代の人間はやっぱり羨ましいです。ずるい。

母がもう亡くなってから1年以上経ちますが、未だによく母の夢を見ます。だんだん幸せなものになってきているかな〜と思っていたのですが、そうでもありませんでした。とくによく見る夢が、母はまだ生きているんだけど、もうすぐ死んでしまうことが分かっていてそれまでに“何か”をしなければならないと追い立てられるようなないようのものです。どれだけ明るく過ごしていても月1以上のペースで見ます。起きたときの、焦りからの解放感と母がもういないという悲しみとがごっちゃになってとても気持ちが重くなります。

どれだけ泣いても母が帰ってくるわけじゃないし、気分が重いからって仕事にいかないわけにもいかないし、ずっと落ち込んでいてもどうにもならないってことは分かってます。それが分かっているから、いろんなところで自制が聞いてしまって、泣けなくて、後から変なところでボロボロこぼれてしまう。帰り道とか、出勤時のバスとか。

これ見てる人もそろそろそ「まだ引きずってんのかよ」って思ってそうでこわいな。まだ引きずってます。あと何年こんな感じなのかな。