犬好きな人には怒られるかも

犬とか猫とかその他とりあえずペットの死が軽いとは言わないけど、気軽にインスタとかツイッターとかに呟やけちゃうのがそれだと思う。小学生のときの友達が15年買ってたペットが亡くなったみたいで、「15年間ありがとうだいすき」というようなメッセージとともに犬の写真をアップしていた。わたしもかなり前から知っている子だったので、なんとなく悲しい気持ちになった。
しかしこれが人の死であればどうだろう。自分の子ども、両親、兄弟だったらどうだろう。インスタにメッセージと写真なんてあげられるだろうか。そんなに綺麗なものとして扱えるだろうか。120歳まで生きたおばあちゃんとかだったら、今までありがとうだいすきだったよで綺麗な物語になるのかもしれない。そうではなくて、交通事故や事件に巻き込まれて死んだ子どもだったら?病気で死んだ兄弟だったら?
無理じゃない?ふつうの人ならそれを匂わせることすら出来ないんじゃないかな。人の命の長さは決まってて、全部運命だったとしても、そんなこと受け入れられるわけがない。“ふつうに”生きていたらもっと長く生きられていたのに…って、絶対にそう思うから、綺麗になんて終われない。


だからどうってはなしでもないけど、こういうことをぼーっも考えちゃいました。いつまでも自分の方が可哀想だって思い込んでいるんでしょう。不幸の尺度なんて人それぞれなのにね。
わたしもペットの猫が死んだらメッセージと一緒に猫の写真あげるのかなぁ。