数ヶ月前の自分のブログを読んでいたらその時の気持ちを思い出してぼろぼろに泣いてしまった。いまでも同じ気持ちになる。わたしはなにも変わってない。なにも成長していない。自分のなかで時間が止まって、止まったなかで足踏みしてて、だからどんどんだめになってる。きっと母が亡くなってすぐのほうがまだマシだった。悲しみを実感するのすこしあとだったのだろう。人生がどんどん崩れていくのがわかる。もともと大したものではなかったからこれでいいのかもしれないけど。
こんなにつらいのに誰からも認められる不幸な人にはなれないと思う。下を見ればたくさん人はいるし。恵まれてるほうだ。恵まれてるくせに何もできない。恵まれてるくせにわがままばかり言って。