読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不意打

ときどき忘れてしまうな〜お姉ちゃんがいつどうなってもおかしくないということ〜。
ふとしたときに気づかされて、よくないなって思いつつヤバくなってる姉に引いてる自分もいて。わたししか家族がいないみたいなもんなんやからわたしだけは絶対的な味方でいてあげなあかんねんけども。わたしは絶対おかしくなりたくないね。

最近のこと。ダイエットはじめました。いちばん重かったときの体重は58か9ぐらいで、現在は54.5キロ。体重計がたった4キロ違うだけで世界が変わる気がしますね。まだ見た目に変化はありません。ただのデブです。でもそれでもいいんですよね。なんというか、おなじくらいの体重の人たちがいることで、まだふつうでいられるというか、自分だけが取り残された仲間はずれじゃないような気がするので。8月頭までにあと3キロは痩せようと思います。50ぐらいになれば、やっとこの、自分が囚われ続けてる、彼氏に振られてから親が死んでそのままぶくぶく太った惨めな人間という枠組みから脱することができるような気がします。誰もわたしのことなんて何とも思ってなかっただろうし、周りは関係ないひとばかりだから、気にしすぎだってことも分かってたんですけど、正直この数ヶ月惨めすぎて本当に苦しかったです。どうしてもまわりと比べちゃってました。悲しくなったりイライラしたりして、食べても食べても満たされなくて、でもわたしは吐けないから病気じゃないし、ただ太るだけだし。もちろん今も苦しいですけどね。いちばん太ってるときよりはマシです。だから痩せます。痩せたらどうにかなるもんでもないのはわかってますが、痩せないとたぶんこのまま社会からどんどん離れていっちゃいます。惨めで恥ずかしくて情けないから。がんばるよ。