読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

明日から

働くんですけど、はやく慣れたいなあと思っています。はやく慣れてしまって仕事がメインの生活になれば、この虚しさとか悲しい気持ちとか少しはマシになるような気がします。
時間があるからいろんなことを思い出すし、いろんな人のことを考えるし、悲しくなるし、イライラするし、妬ましいし、そういう自分にもうんざりするんだと思う。忙しく時間が過ぎてくれればこんな悲しい毎日は送らなくていいはず。

最近誰と会っても話すことに困ったりするよう気がします。コミュニケーション能力がどんどん衰えていく。もともとどちらかといえば人見知りなほうですが、最近磨きがかかっています。ラウンジのバイトで自信無くしちゃったのかな。やらなきゃよかったかも。いい勉強にはなったけど。

あ〜〜〜〜悲しい。羨ましい。お母さんに会える人たちみんなが。こういう日がどうしてもある。

追いコン

所属してる軽音サークルの追いコン1日目が終わりました。
2日目のライブに向かってます。

1日目、行きの電車で外を眺めていたら墓地が目に入った。そういえば一度もお墓まいりに行ってなかった。母にはお墓がありません。母が生前墓なんて捨て金だから骨佛にしてと言ったのでその通りにしました。母の骨が入った骨佛が完成してお寺に並ぶのは2年後くらいだったと思います。会いたくなったらお参りに来てねって言われたことがあるんですけど、まだ骨佛もないし。骨佛があったって話せるわけじゃないし何を言ったって届いてないと思ってしまう。
1年経ったけど何にもなかった。当たり前なんですけど、すがる気持ちでスピリチュアルなことを期待していたりしました。馬鹿馬鹿しいです。1年も母がいない毎日を過ごしていたのかと思うと本当に悲しくなる。またこれから母のいない毎日を過ごすのかと思うと悲しくて仕方ない。いろんなこと思い出しちゃって1日目の電車で泣いた。今日もこれを書きながら泣いてる。

追いコンですが、この2年で色々ありすぎてわたしにはもうサークルのために流す涙はないのでたぶん泣かないと思います。音楽なんか母の好きだったものを聞くたびに泣いてるし。
でも泣かなかった他人から冷たい人間だと思われるような気がして怖い。こういうのがとてもストレスになる。だから2日目の追いコンに向かう足が尋常じゃなく重いです。はぁ。冷たい人間になりたくない。冷たくなったかな。たしかに、母が死んでしまって自分もいつ死んでもいいと思うようになってからは他人への関心は大分に薄れた気もするけど、好きな人には興味あるしまだ大丈夫かな。

あ〜。2日目追いコン行ってきます。

婦人科と心療内科

 低容量ピル始めました。

生理痛がひどくてここ2回ほど吐いてしまったため、婦人科に行ってきました。エコー等では問題なかったのですが念のために性病検査と子宮頸がんの検査をしました。結果は来週聞きに行きます。が、たぶん子宮内膜症っぽいのでピルを飲み始めました。来月の生理が楽しみです。

気持ちの方ですがやっぱり毎日憂鬱でひとりで外歩いてると悲しくなって泣いたりしてしまいます。友達と遊んだりした方がいいとは分かりつつも、外に出るのが怖いのと友達の前でちゃんと笑えるかとかそういうのを考えると予定をキャンセルしてしまうぐらい無理です。これ読んでるかな?ごめんね。もしかしたらこうなるからいままで就活を避けてきていたのかもしれないなって感じです。ひとつだけなら背負えたのかもしれないけど、ふたつは無理だったみたい。お母さんのことばかり考えて、それにプラスして自分の将来のことを考えるのがキツいみたいなかんじです。甘えだって言われたら否定は出来ません…。
わたしは前に進みたいし、このままズルズル嫌々ながらに生きていくのも嫌なので一度心療内科に行ってみようと思ってます。
いままで、というか小学五年のときに姉も母も父もみんなが心療内科に通っていたとき、「わたしだけはこうはならない」と思っていたのですがその信念は簡単に崩れてしまいました。幼き日のわたしは「わたしだけは必ず学校に行く」までしか考えられていなかったので、その先のビジョンが無かったのもひとつの原因だったのかもしれませんね。そうであったとしたら、どのみちいつかは躓いていたはずだし若いうちで良かったのかもしれないです。

病院は合うところがあるまで探そうかなって思ってます。元気になりたいです。

また。また、お母さんとのメール見返してしまった。見ないほうが絶対いいのに、どうしてもお母さんに会いたくなって、お母さんが打ったメールがどうしても見たくなって、でも見たらお母さんいないのにいる気がして悲しくて寂しくて何にもいいことのない人生に思えてきて、死にたくなるやつ。
時間が解決すると思ってたのに、なんかちょうど1年経った先月からがめちゃくちゃしんどい。就活も精神的にきてるのかな。全然やってないのにな。
おとといもお風呂に入れないぐらい落ち込んでめちゃくちゃ泣いた。昨日は大丈夫かと思ったけどやっぱり無理で声あげて泣いてしまった。今日もいま泣いてる。もう無理かも。死ぬのがつらいってことは知ってるし、怖いけど、そういうこのじゃないんです。生きているのがただただつらい。生きているのがつらい。これから先のことを考えるのがつらい。存在するのがつらい。気持ちがあるからつらい。何にも感じたくない。悲しみがなくなるなら幸せもいらない。存在したくない。

悲しい
朝起きてお母さんいなくて、もう起きてるのかな?ってやつをやっちゃったのが3日ぐらい前のこと。それからずっとぼんやりしてる。やる気でなくて、バイト終わって家帰ってもお風呂入る気になれなくて。ぼーっとしてたら涙出てくるし。ほんと寂しい。就活もうまくいってんのかどうか微妙なところだし。お母さんに話聞いてほしい。お母さんに会いたい。お母さんに会いたい。お母さんに会いたい。お母さんに会いたい。
これから何年生きてもお母さんに会えないしどんだけがんばってもお母さんに会えないのになんで生きていかなきゃいけないのかわからない。つらいよ。お母さんわたしも連れって。はやくしにたい。

よくないぼやき

内定欲しい。
なかなかうまくいきません。
でっかい不幸の後にはおっきな幸せがくるんじゃないかと思ってたけどそうでもないね。内定なし。幸せなし。あるのはただぽっかり空いた穴というかんじ。

はぁ幸せになりたい。わたしが幸せになれないならわたしが嫌いな人たちが死よりも苦しい不幸を背負えばいい。そんな気持ちです。

僕らはアトムの子ども

山下達郎のライブ行きました。フェスティバルホールの前から8列めはすごく近くてびっくりしました。
始まる前からなんとも言えない気持ちになってたけど、1曲めが始まったときに我慢が出来なくなって号泣してしまった。まえに行ったときは母はまだ生きてたし、それなりに元気だったしとか、そういうことを思い出してしまって。
中盤に希望という名の光でまた泣いてしまった。希望という名の光は、亡くなる前の母がもうずっと眠っている状態だったときに母が好きな曲をかけてあげようってはなしになって、そのうちの一曲だった。火葬のまえに安置しているときも、控え室でかけてたなあ。
思えばそれ以来山下達郎は聞いていなかった。思い出すのも当然だ。
これから先も、わたしたちにとっては儀式みたいにライブに行ったり悲しくなったりするのだと思う。大切な人の死を受け入れるのってやっぱりすごく時間がかかるんだなあ。